経営方針

弊社は「引越に係る負担を極小化する」ことを理念とし、「単身者の引越に寄与する」「料金の見える化を実現する」「引越の安心をサポートする」を経営方針としています。

そこで、弊社では、若手単身者の引越に注目し、
(1)廉価・均一価格サービスの提供
(2)スマホ(写真)見積サービスの提供
(3)不用品買取りサービスの強化

に特化した営業展開をすることとしました。

この事業を実現するためには、数多い引越業者のなかで、特に若手単身移動者に対して、弊所のサービスをいかにアピールするか、そしていかに質の高いサービスを提供できるかが課題であると考えています。

課題解決のために、
(1)廉価・均一価格サービス『単身ボックス』の周知
(2)LINEおよびそれに代わるメールツール(写真)見積サービスの開発
(3)不用品買取りサービスのタスク化

に注力し、サービス展開を行ってまいります。

弊所の提供するサービスの強み

廉価・均一価格の単身お任せ引越ボックスの提供

弊所では、「とにかく格安で引っ越したい!」「シングルだけどある程度の家具量がある・・・」というニーズに対して、『単身ボックス』:サイズ190㎝×140㎝×180㎝=4.78㎥(大手業者サイズ 104㎝×104㎝×170㎝=1.83㎥)という、大手引越業者の約3倍の容量でありながら、リーズナブル価格設定で提供いたします(距離50km以内)。
この価格設定は、近隣・単身に特化した、不用品の買取りをメインビジネスモデルとする弊所ならではのサービスの強みと考えております。

不用品買取りシステム

一般的には、家財道具等の「モノ」を移動させることが引越と解されていますが、実際には引越に伴っての不用品や廃棄物が相当に発生します。

時間的な余裕がある一般家庭では、事前に廃棄物等の荷物整理を行ったうえで、引越を行ないますが、勤労単身者当の引越では、時間等の余裕がなく不用品や廃棄物が多く発生する傾向があります。

引越に伴って発生する廃棄物は引越者が処理することが原則であり、一般的な引越業者は廃棄物処理(運搬)が出来ません。

そこで、弊所では引越時に発生する不用品を極力リサイクルして活用するとともに、廃棄せざるを得ないものについては弊所が責任を持って処分すべく、古物商許認可と産業廃棄物収集運搬許可の双方を取得いたしました。

これによって、引越時に手間のかかっていた、不用品や廃棄物の処理も一括して弊所へ依頼できるようになりました。
引越時に時間的な余裕の少ない単身引越者にとっては大変有益であり、これも弊所が提供するサービスの強みと考えています。

スマホ見積完結システムの提供

さらに、単身者の引越に関しては、引越単身パックが主流となってきていますが、利用者サイドからは、二つの問題が指摘されています。

①一つ目は、パックカーゴ(専用のゲージ)が思った以上に小さく一つでは乗り切れずに追加料金が必要になるという点

②二つ目は、スマホ・PCでのネット見積は可能であるが、荷物名を個別入力するために手間がかかるという点です。

これらの課題解決のために、
①については(1)廉価・均一価格の単身お任せ引越ボックスの提供でも述べたように、サイズ(容量)を通常の3倍近く(軽トラック1台分)まで広げことにより、追加料金不要の均一価格を実現いたしました。
さらに
③についても、①の実現により多少の誤差は問題ないことから、スマホで室内写真を撮って、弊所事務所へラインおよびそれに代わるメールツールへ写真を送付することによって完結するようにいたします。

上記3点が弊所の提供する事業の強みであり、この強みを活かした事業展開をすることで、単身引越者のニーズに対応するとともに、リサイクル活動を推進することにより地球環境にも優しいWIN・WINの関係を構築することができると確信しております。